SHOP NEWS

STAND PARK
豊かなKOKOROと手仕事展【5月25日~31日 開催】
2022.5.20

SHOP INFO

豊かなKOKOROと手仕事展
開催日:5月25日(水)~31日(火)


海老江に佇む元アパレルデザイナーが営む生活雑貨店「KOKORO」。
「生活を心から豊かにしてくれる物」をテーマに、店主自ら足を運んで一点一点セレクトしたアイテムは、

気がつけばそのほとんどが沖縄にありました。

豊かな自然を原料に、また自然に還る作品たちは、私たちの生活を、そして心を豊かにしてくれます。

「環境への配慮、再生品の美学」を誰よりも知っている沖縄の作家や、

県内に新たな雇用を作った、有名窯出身の作家も誕生しております。

彼らの作品だけでなく、沖縄での取り組みをより多くの方へ知っていただくべく、

「KOKORO」とSTANDPARKがタッグを組み、期間限定ショップを開催いたします。

SDGs「私たちはまるで宝の山に入ったような想いでありました。」

民藝運動の主唱者である柳宗悦氏が沖縄のことを書き記した『沖縄の思い出』の中の一言。

同じように沖縄の民藝に心打たれた「KOKORO」の店主はこれを

「生活を心から豊かにしてくれる物」として、一つひとつの作品をセレクトしています。

次世代まで使える器たちは、沖縄の天然の鉱石や土などの素材を使い、製法も環境に配慮されています。

森林保護の為に伐採された樹木を使用した木工品や、廃瓶をリサイクルしたグラスなど、

作家の手から生まれる品々は、どれも全て一点物で、大量生産ができません。

唯一無二のものだから、一つひとつに愛着と、大切に使う気持ちが芽生えます。

今回の手仕事展では沖縄の民藝を中心に、内地の文化を「チャンプル」してSTANDPARKにやってきました。

作品から豊かな「心」を感じていただければと思います。

金継ぎ体験のお知らせ。
会期中の28日(土)、29日(日)の両日にて簡易金継ぎ体験を開催いたします。
今回行う簡易金継ぎは1日で完結いたしますので、受講後に器をお持ち帰りいただけます。

「金継ぎ」とは器のカケやワレ、ヒビを漆と金や銀の粉を用いて修復する技術で、

そのサステナブルさと芸術性の高さから、日本はもちろん海外でも「Kintsugi」と呼ばれ、注目を集めています。

※簡易金継ぎとは本物の漆を使わず、合成塗料や合成接着剤などを用いて行う金継ぎ風の修理方法です。本漆を使用した伝統的な金継ぎ同様、修理された器は修理前と違い、食洗機や電子レンジなどにかけることはできません。また、本漆を使用してないため、食器としての安全性は保障されていないことが、伝統的な金継ぎとの大きな違いです。そのため今回お持ちいただく器は、日常的に使用したい器や高価な器ではなく、飾るものや直接口を付けないものをおすすめいたします。

開催日:5月28日(土)・29日(日)
時間:各日11:00-15:00(お昼休憩1時間)
定員:各日1部制 各日4名(先着)※要予約
価格 ¥7,000(道具、材料費込み)

お持ちいただくもの
・2~4片程に割れた器もしくは小さな欠けの器を1~2点
・エプロン(または汚れてもよい服)

皆様のご参加お待ちしております。
※ご予約はKOKORO Instagram DM:@kokoro2f
(受講希望者が多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます)

SHOP INFO

店舗
STAND PARK
フロア
NU 4階
電話番号
営業時間
11:00~21:00
カテゴリー
イベントスペース
We look forward to your visit.